ドアのリフォームは、DIYでやってみる!その1


>>ドア設置の施工事例内容の請求書、仕様書、オプション価格表はこちら

 

ドアのリフォームは、意外とむつかしい

 

さて、建具、おもにドアになるわけですが、そちらの交換もDIYでできたりします。簡単に言えば、ドアを外して、新しいドアを付ける、というリフォームになるわけですが。

ね、言う分には簡単でしょう。

このドアのリフォームというのは、築30年蔵のマンションにとっては結構難題だったりします。なぜなら、サイズが内からです。

今現在のドアサイズは高さが2000mmはあります。幅は各種いろいろありますが。この高さが2000mmというのが曲者で、昔のマンションは日本人の背の低さからか、1800mm程度になっています。

この200mmの差が大きいのです。上下をカットしてしまえばいいんじゃない?って話になるのですが、そうもいきません。

なぜなら、ホームセンターのやっすい化粧板のフラッシュドアといわれるものの場合なら、カットすらできません。端部がバリバリになってしまうから。われてしまうかも。

じゃぁ、加工のしやすい木製のドアならどうかというと、ドアの上下部分は強度を保持するために、分厚い構成になっています。この部分をカットしてしまうと、ドアとしての強度が保てなくなるため、カットできません。木製のドアは、さすがに一枚板から作っているわけではなく、接着等で一枚にしているためで。

カットしていいのは、せいぜい上下50mmずつ。それでも切りすぎくらいです。

で、このカットする作業は、自分自身でやらなくてはなりませんし。そして考えてください。そのカット精度。実は木製のドアは湿度によって伸び縮します。雨の日はちょっと大きく、真夏の乾燥した日は小さく、、と。

そのクリアランスは大体2mmはあったほうがいいですね。

そうすると、です。

窓枠に対して伸びたときに1mmは残したい、縮んでも隙間は4mm以内に抑えたい、となったら、その中で2mmは変動する。

そうした場合、カット誤差はドア枠のサイズの寸法測定に対して1mmしか持てません。自分で測定して、自分でカットして、その後さを1mm以内に収めないといけない。もっというなら、今のドアの状態が伸びているのか、縮んでいるのか、そこまでも計算に入れて、です。

どうでしょう。

結構ハードルが高そうな話ですよね。。

 

と、脅しておきましょう。

まぁ、自分で作るのであれば、そこまできちきちにしなくてもいいや、というのはもちろんあるでしょうから、もっと精度を落としてもいいかな、とおもいますけ。まぁ、その辺は自分の納得するところで。ね。

 

ドアのリフォーム道具とその材料

 

まずは、先ほどの話でドアの材料を限定しておきます。なんせ、カフェリフォームですから。

材料は木材しかありいません。もっとも簡単な方法は、ホームセンター。材料を買い集めて作製します。この方法でつくったドアなら、それほどの大金は使いませんし、寸法の調整もそこまでしなくても、という気がします。

 

材料

・パイン集成材 こちらはもっとも大きな面積を使います。経年劣化でもゆがみにくいですから。

・パイン材38mm材 こちらは先ほどの集成材の4辺に使います。絶対に歪んでいないものを選んでください!

・ボンド 材木用であれば何でもいいですが、ホルムアルデヒドだけは注意!

・ドアノブセット

・丁番

・ダボ木Φ8mm 組み立てるときに位置決めとして使います。のちのちのずれも防ぎます。

・ビス 長さ100mm

・パテ

・ワックスかカラー カラーのほうがいいかも。周囲の材木とパイン材の質が異なるので。ただし、下地の木の質が保てるようなもの。

材料は以上ですね。そろえるのは簡単なんですが、組み立てがむつかしいかなぁってきまします。

 

次は道具ですが、なるべく専門的にならないように。。

・丸のこ

・電どら Φ8mmドリルは必須 長めのビットも

・ハンマー

・端部をまっすぐに切った6mmべニア1800×150mm 丸ノコのガイドにします。

 

これくらいでしょうか

 

木製ドアの材料加工!

 

まずは、ホームセンターで材料をカットしてもらいます。

メインの集成材のパネルは必要なドアサイズの四方を-100mmした寸法で注文します。

次にパイン材の38mm厚のものを、1.集成材の幅と同様の機械設定でカット、その後幅を100mmにカット。2.ドアの縦長さ必要長と同寸法でカット後、100mm幅にカット。

この時、耳はちゃんと落としたうえで、100mmにカットしてもらいます。本来であれば、100mmカットを先にしたいところではあります。

これでホームセンターでのカットは終了です。

次に、ホームセンターの加工室でちょっとだけ加工をしましょう。使うのはボール盤です。このボール盤というのは、ドリルを垂直におろせる機材です。正確に垂直の穴があけられます。

で、加工する材料は二つ。ドア縦サイズに切ったパイン材38mmのものです。これはメインの集成材との合わせをするダボ穴をあけます。集成材はさすがにできないので、あきらめますが。

まず、38mm板にマーキングをします。集成材側にΦ8mm穴を3点、Φ3mm穴を4点。外から均等に3点、4点のマーキングです。もちろん厚みの中心狙いに。

次に、その反対側から、Φ8mm穴のマーキングです。ねらいは集成材側にあけたΦ3mm穴を目指します。誤差は0.5mm以内に収めたいですね。コツは、ボール盤に充てる前に、ポンチで目印をつけるか、Φ1mmのドリルで狙いの穴を少しつけるか、です。少なくとも、いきなりΦ8mmドリルは使わないように。Φ3mmならしょっぱなから行ってもOK。

ダボ用の穴は深さ8mm程度でOK。ビス用の穴はΦ8mm穴は50mm、Φ3mm穴はΦ8mm穴まで貫通していること、ですね。50mmでしたら、なんとかドリル長さも届くはずです。

大体一致するはずです。

次に、短い38mmパイン材です。こちらも同様に、集成材に向かってビス穴をΦ3、8mmで二か所あけます。ダボ穴はなくても問題ないとお思います。

 

これだけできたら、あとはさくっと組立です。

さくっと、とはいかないんですけどね。また組み立ては次回に取っておきますね。

 

>>施工事例内容の請求書、施工仕様書、オプション価格表はこちら

 

関連記事




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ




PAGE TOP