『DIYで漆喰を塗る!~実際に漆喰を塗ってみる』壁のリフォームをする

漆喰 DIY実際にDIYで漆喰を塗ってみよう!

格安でカフェのようなおうちに住むための方法としてのDIY。
壁のリフォームですが、いよいよ漆喰をぬっていきましょう。

漆喰を塗るために必要な道具

それほど必要なものはありません。

  • こて 大小、L字のものの3種類あるといいです
  • バケツ 漆喰を袋からぶっちゃけます
  • 板 これ、100均でうってるまな板がいいです。塗るときに手に持つもの

こんなところでしょう。
全て100均出そろいます。ダイソーさんサンキュー!

あ、L字のこてだけはないかも。

DIYで漆喰を塗る手順

まずは、5kgの漆喰の袋をバケツに入れます。
袋の状態でよく混ぜましょう。固まっているといけませんので。

で、塗るときに、板にこて救ってとります。
大量にとりすぎるといたからこぼれてしまうので、注意です!

漆喰は下から上に塗っていく

塗り方は、こてにひとすくい、たっぷりとって、板にわけます。

その板をもって壁に行って、こてに救いながら少量塗っていきます。

漆喰の下塗りが必要

まずは下塗り。
今回使っている漆喰は壁紙の上からでもOKな奴ですが、一度うすく下塗りが必要ですので、薄ーく塗っていきます。
一発目に厚く塗ると、べりっとはがれやすいです。

下から上に、腕の支点で弧を描くように、塗っていく、という言葉は簡単ですが。

あとは、慣れましょう!

漆喰の仕上げ塗

で、一度下塗りをしたところが乾いてから、仕上げをします。

ちょっと厚めに塗り込みますのでたっぷりとこてに救って、下塗りと同じように弧を描くように、下から上と。

一度下塗りがしてあって、その漆喰が水分を吸っていってしまって、ちょっと塗りにくいかもしれません。
塗った瞬間に難くなる、という感じですね。

無理して延ばそうとせずに、そのまま厚めに塗ってしまってOkです。
つぎの分をこてに救って続きを塗っていきましょう。

やっぱり作業は体で覚えるもの!漆喰塗りも同じ1

そして、体で覚えましょう!
どれくらいこてにすくって、それがどれだけ濡れるのかはやっぱり体感するしかありません。

6畳部屋の一面も塗ればおそらくことはつかめると思います!

おそらくやった次の日、絶対に体が痛くなってると思いますが、普段やってない動きなんで、しかたありません!

漆喰塗りで絶対に気を付けたいところ

いくつか気を付けないと、後々大変なことをここで。

ボードの継ぎ目で割れる

新しい壁に塗る際は、石こうボードに塗るわけですが、その継ぎ目でほぼ、割れが発生します。
どう塗っても変わらず。

もちろん、パテで隙間は埋めたりとか下地はそれなりにやってますが、割れます。

石こうボードの継ぎ目で漆喰が割れないようにするには

方法があるといえば、パテを片目で塗るのがひとつ。
パテが柔らかければ柔らかいほど、強度が弱くなります。

ちょっと堅めにぬったのがぐいぐいと石こうボードの継ぎ目に入れるといいです。
水分すく少なめの場合、やっぱりパテも強力です。

べニア、古い壁紙、パテはアクが浮き続けてしまう

次の問題は、べニアや古くて汚れが染みついてる壁紙、パテはそのまま縫ってしまうとアクがでてくるというもの。

塗った後乾くと、そこだけ黄色くなってしまいます。

2、3度塗ってもアクが出続ける

で、なんどぬってもほぼ終わりません。染み出てきてしまいます。

まぁ、どうするか、ということですが、壁紙をリフォームしたところがあれば、その端切れでもいいので取っといてください。

壁紙の端切れをはってしまえばよいです

アクも壁紙を乗り越えることはできません!
一番安価で簡単で手っ取り早い方法だおともいます。

白い石目調の壁紙を使えば、塗りそこないもごまかせるくらいですし。
また、石こうボードの継ぎ目でのパテによる割れも防げます。

べニアは絶対に回避不能なので、絶対に壁紙を貼りましょう!

以上、DIYで漆喰を塗ってみる、でした!

関連記事

  1. ドア DIY
  2. タイル DIY
  3. クローゼット DIY
  4. 漆喰 DIY




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 漆喰 DIY
  2. 漆喰 DIY









PAGE TOP