洗面台の取り換え工事価格 既製品とカスタム品

一般的な洗面台の取り換え工事の価格

 

リフォームにもいろいろあるとおもいますが、水回りでよくやられるのが、洗面台の取り換え工事ですね。

この工事、実は相当簡単だったりします。洗面台を買ってきて、古いもの取り換えるだけ。周りの工事は特に必要ないのが特徴です。あるとすれば、取り外しの際にどうしてもついてしまう壁紙の損傷を直すことくらいでしょうか。

実際はそれをやってしまうからお金がかかる、と思ってよいかと思います。おそらくそれが儲けるポイントなのでしょう。だって、洗面台の取り換え工事と壁紙工事を一緒にやってしまえれば、その方が確実に効率的ですよね。

ネットでいろいろ調べると、廃棄物処理代金をふくめた工事費が3~4万円くらいの設定になっています。この洗面台の取り換えだけであれば、おそらくは半日仕事なので、職人代は半額で絞っていることでしょうね。おおくて1.5万円。廃棄物はホームセンターなどの大型店舗であれば、一括なので安いでしょうし。

おおよそ妥当なお値段かと思います。

洗面台の仕様にもよりますが、賃貸住宅でなければ10万円前後の機種になると思いますので、10~15万円くらいになるのではないでしょうか。

とくどいですけど、これはあくまで洗面台を取り換えただけの値段になります。おそらく、取り換えた後、壁紙等がそのままではちょっと!って正直思うでしょうから、それをプラスすると4~5万円はかかるでしょう。

キッチンのリフォームも一緒なんですけど、6畳一間の壁紙貼替工事、リフォームが4万円くらいで済むのに対して、より部屋の明晰としては狭いはずのキッチンや洗面室も同額というのが、ポイントですよね。

そういったところでアップセールをしているのでしょう。もっと言えば、その壁紙の種類も絞られてて、これ以外にするともっとアップ、という可能性もおおありですね。

ただ、これは会社の儲けが必要なので、当然のリフォーム価格といえば、当然ですね。

 

カフェリフォームとは縁遠い洗面台と思ったら

 

洗面台はあまりお客様が来ないというのもありますので、機能性重視で清潔感があればよい、というのが正直なところですし、私も知れをお勧めします。

た、一度だけどうしようもない状況で、いっそのことカフェのようにしちゃったら、としたときがありました。それは洗面室=風呂場への脱衣所、という機能の位置づけがあるかと思いますが、その脱衣スペースとしてあまりにも狭すぎて、通常の洗面台を設置する奥行きが確保できないといった状況がありました。

正直、これは我々としてもどうしたものかと思ったのですが、そこは考えるしかありません。

その時の解決策としては、おしゃれな洗面ボールと、天然一枚板の天板をつかっての洗面台の設置、でした。奥行きが足りなかったので、その奥行きを確保する意味でその構成を選びました。

なんと、その脱衣スペースは、何もない空間だけの状況で洗面台の奥行き方向のスペースが110cmしかない状態でした。

うち、入口面には扉幅が65cmありましたので、遊びとドア枠を覗いてしまうと、洗面台を設置できる奥行きは40cmを切ってしまう状況でした。

そうなると、もう市販の洗面台を設置することは不可能。確かに、買い取る際のその洗面室の状況は、よく公園などの公衆トイレにあるような陶器の手洗いボウルのみのものでした。わかります?この状況。

で、結局そのスペースはどうしたかというと、、

洗面室(画像をクリックで拡大します)

洗面ボウルの最大に出っ張っている個所のみ45cm。あとは30~40cmの天板に設定して、脱衣スペースを確保しました。

通常の洗面台を使ってしまうと奥行きが洗面台幅全体で50~60cmほどになってしまいます。

そうなると、脱衣スペースの幅としては50cmとかですよね。通常、最低でも80cmは欲しいところです。この構成でも70cmがやっとの状況ですが、洗面ボウルの背が高いため、天板位置を低く抑えるれたことによって体感的には広々とした感じになりました。

実際のリフォーム画像があるとよいのですが、お客様のご要望により、掲載ができませんでしたが。

こちらのリフォームの場合、もちろんイレギュラーな完全個別対応になりましたが、たまには良しとしよう、といったところでしょうか。

で、参考までに上記の内容で洗面室のリフォーム工事を行った場合ですが、参考までにこのような内訳になります。

おしゃれにカスタムしたカフェリフォームの洗面台価格とは

 

洗面ボウル+水栓 35000円

ミラー(アンティーク調のおしゃれなの) 21000円

天然一枚板天板 35000円

その他材料(壁紙、水道部品、天板部品、タオルホルダーなど) 18000円

人件費(2日×2人) 120000円

 

と、合計 229000円なり。

ちょっと高い気がしますが、うーん、スペースの問題でやむを得ず、ですね。あと、内装工事もすべて入ってのお値段になりますので、安い洗面台の取り換え工事の価格にはプラス4万円と同等になると思います。

差額としては、7~10万円ていどかな、といったところですね。原因としては、やはり人件費の問題があります。既製品の洗面台を使えば設置は簡単ですから、一人ですみます。こちらの場合、天板を設置するところから始まりますので、人が多くかかってしまいいます。

もちろん、洗面ボウル、水栓、タオルホルダーに関しても徹底的にカフェ風にこだわっての素材、材料選びからでしたね。それにお金をかけない、ほんとにスペースだけ考えるのでしたら、もう3~5万円は少なくても済んだのでは、と思います。(天板を集成材にしたりとか)

 

さて、スペース的な問題があった場合、やはりこういったイレギュラーな仕事になってしまうのは必然です。その時あなたはどうしますか?

その物件をあきらめますか?

それとも、いっそのことお金をかけておしゃれにリフォームしてしまいますか?

 

それでは、また!

関連記事




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ




PAGE TOP