システムキッチンの取り換えリフォーム価格を原価で知っておきたいですか?

システムキッチンに必須なオプションとその業者卸価格は? 



前回のユニットバス、洗面化粧台に続いて、システムキッチンの取り換えリフォームについての価格調査です。

こんなこと書いちゃうと、ちょっと業者などは嫌がってしまうかも知れませんがw私自身がお客さんの立場でもあったので、まぁ、いいでしょう!

システムキッチンというのは、かなりの種類があります。

正直、どれを選ぶかは迷いますし、そこまで違わないのにどうしてここまで値段が?という気がします。

元メーカー勤務の人間としまして、物の原価としては、おそらく数万円の差だと思うんですが、販売価格に直すと数十万の差がでますよねw

これは欲しいんだけどなぁっていうオプションのお値段。原価はそこまでかからないことはわかりつつも、まぁ、そこが儲けになるわけなので、仕方ないですね。

それが付加価値というものですから。

ということで、ここでは工事のお値段を比べていくことに意味があると思いますので、システムキッチンの仕様を確定します。

その上で、システムキッチン自体を別のものとするのであれば、そのお値段は差し引きしてもらえばよいかと思います。

まずは、システムキッチンの種類と今回選択するオプション内容について載せておきますね。

 

ラクエラ・メーカーと製品名 クリナップ ラクエラ
(同仕様での他社比較をすると、他社は5~20万円アップかな)
・間口サイズ 2550mm(大きくなればそれだけ加算されます)
・形状タイプ I型(壁につけるものです。L字は高くなります)
・ワークトップ 人造大理石(ステンレスは安いですが、、ちょっと見劣りが。。)
・シンク ステンレス サイレントシンク(ほとんど標準な気がしますが)
・ドア スライドドア+ゆっくり閉まるもの
・ドア化粧板 中間ランク(最低ランクでは選択肢がありません)
・食洗器 あり
・水栓 シャワー切り替え混合栓
・アルカリ浄水器 なし(あとで取り付けてもよいかと)
・コンロ IH(ガラストップガスコンロと同値と思ってもらえれば)
・オーブン なし(ほとんど使わないですよね)
・換気扇 シロッコファン(マンションはおおよそこのタイプです)
・吊り棚 扉のみ(ほんとはなくてもよいのですが、、上下スライドなし)

と、これだけオプションも揃えてあれば、最低欲しいな、というものは網羅されているでしょう。

この仕様で行くとどれくらいの価格かというと、業者の卸価格として、おおよそ40~50万円くらいになるものと思います。あくまで業者の卸価格なので、一般購入価格では60万円以上になるかとおもいます。定価は100万円近いです。

上記の内容だと、某ホームセンターや大手家具屋さんだと、若干機能的には劣りますが、本体価格は40万円弱で展示されているでしょうか。

と、システムキッチン本体の価格は差し引きしてもらえばよいとして、本題はその施工費を含めた合計でよいかと思います。

そちらを今回出してみたいと思います。

あと注意しないといけないのは、ユニットバスでも記述した通り、オークションサイトなどで破格の値段、ほぼ業者卸価格でシステムキッチンを扱っている業者は、工事費でいろいろ上乗せするということもあります。

結局のところは、いくらシステムキッチン本体価格が安かろうと、工賃がたかければ同じ、ということです。

一番いいのは、業者卸価格でキッチンを購入して、人件費を職人ダイレクトの施工価格で行うっていうのですね。投資家としては、それをやってましたので。

 

定価のないリフォーム。工事内容でいくらでも変わる費用とは?

 

常々お伝えしていますが、リフォームには定価がありません!

それは、家々によってそのサイズや工法、その後の処理だとかがすべて異なるからです。その中でも、工事費で上乗せになる代表例が、キッチンのサイズ変更や、取り付け位置の変更です。

これまでと全く同形状のものを設置すればよいですが、壁の位置、設置するサイズなど変わってこれば、それなりに内装、壁等の工事も必要になるかともいます。

特に、背面の壁は防火の観点から、パネルを貼ったりタイルを貼ったり、またもともとのタイルがどうだったか等、いろいろ違いが出てきてしまいます。

極端な話、昔のセンスのまるでないデザインタイルをはがすなどといった作業を入れようものなら、莫大な費用がかかることでしょう。(なので普通は上貼りです)

それらをすべて考慮する必要があり、簡単にいくら、というパック料金(定価)のようなものを出しにくいのも現実です。

そのため、今回の例としましては、同形状、サイズ、同様の設置場所、にシステムキッチン取り換え工事を行った場合のお値段を、まずは出します。

その後、おそらく先ほども言った通りの背面の内装工事ほか、これくらいの工事は追加する必要がある、というものを見積もった値段を結論とさせていただきます。

今回はキッチン形状は壁付のI型としていますので単純ですが、それがカウンターキッチンやアイランド型になろうものなら、ますます大変になってきまスよね。



ズバリ、システムキッチン取り換えリフォームパック料金価格にはこれだ!

 

まず、はじめにお断りしますが、これを調査したときから月日が流れているため、大体この程度の差があるんだな、という感じでお願いしますね。

人件費の高騰もあれば、為替の関係で材料費も替わったりします。

 

・某家具量販店

リフォームコーディネートプラン(ホワイト) 53.9万円

オプションにて上記システムキッチンの仕様を当てはめると  追加料金10万円

その他の工事等で追加される内容(標準工事が明確ではないので予想です)

背面、下地の壁工事(材料3万円、工賃6万円)

サイドのパネル追加工事(材料2万円、工賃4万円)

周辺壁紙(材料、工賃あわせ4万円)

パック料金+追加根拠価格合計 82.9万円

こちらの某家具販売店はあまり情報がありません。おそらくこれ以上はかかるのではないかと思います。施工事例を見ても、単にシステムキッチンを取り付けただけのように思えますが、200万円を超えていたりしますので。

どうして広告で出している価格が53.9万円で、サンプル掲載している価格は200万円もするのか。。

この空白地帯をどう思っているのでしょうか。

と根拠上から出した原価価格は90万円弱なんですが、現実は安くて150万円くらいかな、と思います。

 

・某ホームセンター

LIXIL キッチン内装リフォームプラン 89.8万円

キッチン仕様で足りないものとして、

ガラストップコンロ スライドドア 人造大理石 追加料金15万円以上(予想)

その他の工事等で追加される内容

キッチンパネル(標準はコンロ後ろのみ) 全体施工 追加料金3万円(予想)

 

パック料金+追加根拠価格合計 約110万円

はやり基本的に情報は少ないですね。どういった変更でいくらかかるかは予想ですが、それでも安く見積もっているつもりです。つまり原価上乗せしているだけなので、利益を載せたらもっとになりますね。

また床はクッションフロアなので、フローリングを希望する方はさらにアップになります。それをいれたら現実的な価格は120万円以上は固いと思います。

 

・某工務店サイト

最低ランクシステムキッチンプラン 49.8万円

オプションで上記システムキッチンの仕様を当てはめると 追加料金24万円

その他工事等で追加される内容

背面の壁工事(材料、工賃8万円) 周辺壁紙(材料、工賃4万円)

 

パック料金+追加根拠価格合計 85万円

こちらは比較的明確ですが、やはりオプションを点ければつけるほど上がっていきます。また、追加工事の料金は原価計算で出している価格となりますので、通常この倍近くはかかると思ってよいでしょう。

イレギュラー工事やオプション工事は結構請け負った工務店が決めることもあるようです。

現実的な価格は100万円でしょうか。

それでも安いのは安いですね。

 

各社総合して、

システムキッチンのランクを落として設備を充実させた場合の

現実的な価格は結論的に110万円前後

これを調べる合間にもいろいろな事例や価格comなどを見てみましたが、実際はやはりそれに近く、100万円前後が多いようです。参考までに「家仲間コム」の価格帯では、100~150万円が最多価格帯になっています。

が、こちらはサイトの説明にもあるとおり、業者がお客さんを獲得しようとして出した「概算見積り」なので、こちらからさらに数十万円アップが請求金額となります。

なので、120万であれば安い方。150万円が普通、といったところでしょう。

いや、賃貸住宅みたいなキッチンだったら、そりゃ、やすいとおもいますよ!

 

カウンターキッチンにした場合の価格を知りたいですか?

 

カウンターキッチンで、上で挙げたリフォーム価格は壁つけタイプのものでして、カウンター式にして壁を造作した場合どうなるかというのを出してみます。

あくまで私が材料、人件費など職人価格で出したものですので、実際は施工会社の経費、そして利益を考えるとこの価格の1.3倍くらいは必要です。

 

材料費(カウンターと背面修復の構造と化粧材料) 30万円

大工人件費(おおよそ4日間×2~3人) 30万円

電気工事(配線組み換えがいります) 5万円

上下水配管変更(材料と水道屋の料金) 10万円

ガス管変更(ガス屋が必要です) 5万円

 

それぞれに対して、壁の造作費用、壁紙等の化粧費用、もともとのキッチンがあった場所の復元工事を含みますので、これくらはするのではないでしょうか。

また上下水と電気、ガスの配管などの変更もかかります。これも安く見積もったくらいです。これらを行うのに床をはがしだすと、もっと行くでしょう。

カウンターキッチンを施工しようとした場合のリフォーム価格は、物事がベストベストで進んだとして、合計80万円といったところでしょうか。

現実的には100万円はかかりそうな気がします。

キッチン本体を60万円で買ったとして、対面型キッチン施工にリフォームした場合は、140万円というところでしょうか。

先述したとおり、ここに施工会社の経費、利益を加えると、200万円なら安い方ではないでしょうか。またベストの工事ができないのも踏まえるとプラス50万円は見たほうがいいですね。

ということで結論!

 

カウンターキッチン仕様にした場合のリフォーム価格は現実的な価格として200~250万円!

 

こちらは各社プラン料金というのがありませんので、通常施工費、材料費を考えた場合の算出になります。工務店がどれだけ狙ってくるか、相見積もりなどをとって、削っていくという手もあります。

そして何より、やはり「相見積もり」を取るといいかもしれませんね。ただ、高い場合施工が丁寧だとか、安すぎる場合も、施工が手抜きだとかの可能性もありますのかで、価格の根拠だけはしっかりと聞いたほうがいいかもしれません。

 

以上、現実的なシステムキッチン取り換え工事リフォーム価格でした。



関連記事




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ




PAGE TOP