中古マンション選びのポイント 結局のところ!

マンション選びのポイントは、あなたの価値を明確にすること

 

あなたは中古マンションを買うとして、いったいどういった価値に比重を置いて買いたいのか、というのが一つ大きな選択になるものと思います。

これまで12もの中古マンション選びのポイントを並べてきました。これらすべての希望を満たすことはまず不可能です。永遠に物件を探し続けることになってしまうでしょう。

なので、あなた自身がもっとも大切にするもの、何に価値を見出すのか、まずはそれを明確にすることです。おそらく3つほど決めて、それに当てはまるマンションを探すことです。

 

今更ですが、このサイトを読んだら意味があるな、と思う人は、

・とにかくボロッボロでもいいから安い中古マンションを買って、好き勝手にリフォームしたい。

・ここは子供が大きくなるまでの賃貸代わりで、そのうち立派な持家にステップアップする予定。

・とにかく、おしゃれな内装のマンション、とりわけカフェみたいな内装がいい。

・大手やそこらの工務店がつくった、退屈なリフォーム物件にお金を使いたくない。

・自分でこまごま考えるのめんどくさいけど、おしゃれで手頃な値段の物件がほしい。

そんな方に読んでもらえると非常に参考になるのかな、と思ってます。おそらくどのサイトよりも!

 

そしてそういったあなたに、

・中古マンションという不動産のちゃんとた価格を知ってもらいたい。

・また、その価格の根拠を考えて、自ら適切な価格に調整(交渉)してもらいたい。

・リフォームするなら、適切なリフォーム価格を知ってほしい。

・リフォームも最近は安くなっていますが、その中身を知ってもらいたい。

ということになるでしょうか。

 

重要な要素は、「マンション価格」「周辺環境(立地)」「専有面積」でしょうか。

マンション価格は説明は不要でしょうね。そして周辺環境と専有面積は自分の力で変えられることができません。こういったものを優先的に選んではどうでしょうか。

逆に言えば、その他は許す=最低ランクにして価格交渉の材料にしろ、といいたいですね。

 

「カフェでくらす?」が共有したい価値観は

 

ここまでこればもうお分かりでしょうが、「カフェで暮らす?」が受け入れられる、いや、受け入れる価値観は、とにかく格安ボロ中古マンションでもいいから、リフォームをしてカフェな暮らしが手に入れたい人であり、そのための学習をいとわない人、ということになります。

逆に言えば、中古マンションに興味がない、という方は関係ないですし、戸建てにこだわるのであれば、これまた関係ないことになります。このサイトでいろいろ勉強せずとも、お金を使える人たちだと思いますので。

すなわち、大きな負債を抱えても、「やっぱり住むなら新築でしょう!」って方はリフォームいらないですからね!はじめっからきれいですから。はい。

 

戸建てはどうしてそんなに避けるのかというと、、

状態を確認するのが業者としてめんどくさい、すなわち、ここに労力がかかり、無駄な経費をつかって価格に載せないといけないということ。そうなると、商品をパッケージ化して安価に提供できない、ということがあります。

やはり中古マンションを狙うということは、ある程度購入予算に制約があるということですよね。

その中で、価格を考慮した、おしゃれなリフォームを選択してもらうという観点からすると、やはりパッケージ化をして、時間をかけない、すなわち、人件費をかけないというのが価格を抑えるもっとも有効な手段であります。

なので、もし今現在物件を探している人は、是非中古マンションを考えてみてください。

 

マンションであれば、マンションの構造体である箱に対して、その内側に作られる化粧が内装になりますので、ある程度商品の形が決められることになったりしますし、戸建てのようにシロアリに食われていた、とか、水漏れで構造体である柱や壁が腐っていた、というリスクがかなり低くなります。かなりというか、皆無かもしれません。

多少の水漏れがあって、排水管を替えてコンクリを流す、ということはあるかもしれませんが、大した作業ではありません。いや、大した作業だ!保険があると思いますので、それで直せば懐は痛みません。

あとは、間取りとしても形が決められているのも、パッケージ化しやすいところでしょうか。中古マンションでは、その構造から大体の予測が付きます。時代によって決まっているものも多いですし、もとももコンクリの箱なんで、そんなにやりようがあります。

それに比べ、戸建て住宅では、最近でこそ建売住宅が増えて形がそれなりに決まってきたということもありますが、それでも千差万別、です。

工法もいろいろありますので、それによってこの壁はどうしたらいいか、など、設計会社、建設会社、施工会社レベルにあげないとわからないような話も出てくることでしょう。

そういった手間が入った時点で、リフォーム自体がすごい値段になってしまうことは間違いありません。そういった工事が入るということ自体が、業務として価格を上げざるを得ないルーチンになってしまうわけでして。

 

おしゃれなリフォームなんていらない人は。。

 

もちろん、やはりリフォームも価格最優先で、きれいな部屋に住めればそれでいい、という方も多いでしょう。まるで内装を替えたばかりの賃貸物件ですね。

そういった方も、向きません。

そういう物件でよければ、賃貸住宅でもいいんじゃない、という気がします。その部屋に一生すみますか?おそらく3,4年したら出ていこう、という感じではないですか?そこまで短い期間だけ住むのであれば、賃貸のほうが小回りは効くでしょう。

例えば、新婚さんで、そういった物件を選んだ時、その後どうしますか?

5年住んで、売ります?賃貸仕様の物件が中古になった時点でいくらで売れるでしょうか。5年もすめば、設備は結構汚れてきますし、生活感もかなり出てきますよね。安いですよね。間違いなく。売るのにも時間がかかりますし。

 

あなた自身、そういった部屋にいくら払いますか?

 

また、その部屋を買おうとしている人、すなわち、そのままの汚れた物件で、設備が動けばいい程度のお客さんがきた場合、かなりの買いたたきが入るでしょう。

5年住んでペイしようとした場合、どういった物件が有利なのか、という資産的な価値を考えてみるのも、一つの提案ではあります。

自然素材を使った部屋っていうのは、劣化するといった表現よりは、味が出るといったほうがいいでしょう。多少は汚れも発生すると思いますが、補修が楽です。

つまらないリフォームと、弊社のご提案できるカフェリフォームとのお値段の差としたら、どうでしょう。それほど差が付かないように思いますし、そうしないと売れないだろうとも思っています。なので、価格にはこだわっていきます。

それが、今の時代だから、との認識でいます。

 

ので、パッケージ商品を楽しみにしててくださいね!

関連記事




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ




PAGE TOP