カーペットから防音フローリング張り替え価格とその根拠とは?



さて、フローリング貼替について、前回の話が長すぎてしまったんで、続きになりまして。

前回の話はこちらですね。

→ 簡単にいはいかない!カーペットからフローリング張り替え

で、ここではマンションのカーペットからフローリングへの張り替え、という内容でしたね。

前回のお話でもお伝えしたように、単純に防音施工をすればよいわけでもない場合があるので、そのケースに合わせて一度そのリフォーム価格の根拠を見ていければと思います。

 

カーペットからマンション防音フローリング(個室)施工価格、その根拠は?

 

まずは、施工内容から記述していきますね。もっとも基本となる昔のフローリングの上に直接フローリングを重ねる重ね貼りとはわけが違います。

また、「個室」としたのは、続き間とのレベル合わせを必要としないため、その分の費用が必要ありません。そのため、個室は別途考える必要があります。レベル合わせがはいると、当然その分のコストかかりますので。

では、下記に順番に施工内容とお値段の根拠を示していきますね。

 

カーペットまず、カーペットをはがします。このカーペットの施工方法は接着と部屋の壁際に金属のとげが出たもの(クリッパーといいます)が敷いてあって、それに刺している、という構成になります。

で、まずはこのごみ処理が必要です。

これがかなりかさばります。ごみ処理は体積での計算になってしまうので、どうしても高くなります。ちなみに、地域のごみ処理上でも扱ってくれません(一度試そうとしたことがありますw)。

ということで、まずは、カーペットのごみ処理費用が2万円程度でしょうか。

 

次に、はがした後に下地処理が必要になります。これは防音材施工の処理ですね。

防音材でクッション性のある材料を使用したとしましょう。

フローリングの防音施工(画像をクリックで拡大します)

いろいろありますが、「わんぱくマット」、なるものを施工した場合、おおよそ0.5坪1万円、となります。正しくは、送料や管理費がはいるので、もう少しします。

6畳は3坪ですので、6万円ですね。

ここに接着剤などの間材費がかかるとして、その間材費用を2万円くらいですね。

防音関係の材料費8万円としいます。

 

で、さらにこの防音マットの上にフローリングを張るための下地処理をしないといけません。いまの状態は、マットを敷いた状態にしかなりませんので、フローリングを並べられませんので、合板を貼り合わせます。



大した材料ではありあませんので、合板と接着材やビスの間材代合わせて下地処理1万円くらいですか。

 

次にフローリングになりますが、これは単純にフローリング材の単価としてください。で、弊社はカフェのようなリフォームを行うわけですから、無垢フローリングを用います。

ほかにもやっすい合板フローリングなど安いものはありますが、カフェリフォームなので無垢フローリングにこだわります!

0.5坪1万円前後でしょうか。なので、6万円ですね。また無垢フローリングにも接着剤やビスも必要になりますので、こちらの間材費が2万円とします。

無垢フローリング関係材料で8万円ですね。







1

2

関連記事




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ




PAGE TOP