間取りと動線からキッチンカウンターの形を考える

カフェリフォームでキッチンカウンターを勧める理由

キッチンカウンターだとかカウンターキッチンだとか、面倒ですね。システムキッチンがカウンターも兼ねるか、カウンターはカウンターでしかないのかの違いですが。

弊社カフェリフォームでは価格を抑えるために、それと暮らす上での作業性も重視してカウンターキッチンではなくてキッチンカウンターを推奨しています。

カウンターキッチンとキッチンカウンターと言葉が入れ替わっただけのものですが、何が違うかを簡単に説明しますね。

カウンターキッチンカウンターキッチンとは、システムキッチン自体がカウンターも兼ねられる向きになっているものです。いっときはすべてこちらのタイプになっていたらしいです。

ただ、作業性があまりよくないことから減りつつあるようです。

こちらだと背面はおおよそ食器棚、もしくは壁等になってしまいますので、作業台といったものがシステムキッチンの天板のみと、非常に少なくなります。

また、工事としては、ダクトが部屋の中間に来てしまうために、排気管をどう通すかが非常に面倒になってしまします。

当然、排水、給水の管も壁から床を這わせて中央に持ってくる必要があり、新築で壁、床、天井が出来上がる前に施工しないと大変なことになります。

日常の作業性、工事の煩雑さとしてもリフォームとしてはお勧めしていません。

 

キッチンカウンターキッチンカウンターは、カウンターのみが部屋に対面して設置されますおり、キッチンは壁側になっています。

なので、作り付けでなくても、市販のカウンターになりそうな棚を持ってこればよい、とも言えます。

実際、そういったリフォームとまで行かない変更もみます。

カウンターを造作するとなったとしても、造作物の壁を作るだけなので、排気管、給排水管の工事は必要ないので大したことはありません。

コンセント用の電線は必要かもしれませんが、こちらはそれほど大がかりな工事にはなりませんし、市販品のカウンターを持ってきた場合はもちろんコンセントはほかのコンセントから延長してくると思われますので、使い勝手としては、市販の棚の場合も、延長コードで間に合わす、という手もあります。

電線工事はそれほど大したことではないので、造作時にコンセントを作成してもらうのがよいでしょう。

で、いったいどういったバリエーションがあるかといいますと、それはもうそのお部屋次第ですので、いろいろですし、同じものはないと思ったほうがよいかと思います。

参考までに、ですが変わったパターンがございましたので、そちらについて説明させていただきますね。

 

間取りと動線から導くカウンター形状

 

先ほどもお伝えした通り、どういったカウンターを作るかは造作になりますので、完全に自由です。なので、作業しやすさをメインに考えていきますし、その間取りを最大限生かせるように、とも考えています。

例えば、下記の間取りの場合を考えてみましょう。

また、築30年のマンションにありがちな、キッチンスペースとリビングが完全に分かれた間取りになっていましたので、こちらも一間にしてしまいます。そこも合わせて考えてみました。

関連記事




最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ
  1. 登録されている記事はございません。




PAGE TOP