中古マンションで、最も直す必要があり、最も高額なバスルーム

築20年を過ぎた中古マンションではまずリフォーム対象

 

バスルーム。

一日の疲れをいやす空間ですね。

そして残念ながら、リフォームする際にもっとも費用の掛かる場所でもあります。

で、築20年を過ぎたマンションであれば、間違いなく交換が必要かと思います。

もし、前の居住者が数年前に変えていた、となったら、ユニットバスのレベルにもよりますが、100万円弱の価値はあるものと思います。

それくらい大変なのが、バスルームのリフォームです。

最近では、イオンやカインズなど、大手量販店がリフォーム事業に取り組み始めたこともあって、ユニットバス本体の価格も落ち着いてきた感はありますが。

が、ああいったろころで出されている価格は、仮に、ただの箱、つまりは、設置するだけの状態になっていたとして、ユニットバスを運び込んで、組み立てするだけの施工費で40とか50万円、と言っているにすぎません。

なので、通常のリフォームでは、昔のバスも取り外さない問いませんし、廃棄する必要もあります。そういったもろもろは入っていませんので、おそらく表示価格+数十万円はするものです。

あとは施工会社の見積もり次第というところもありますので、正直、わからないですよね。

ちょっと壁を壊さないといけない、ドア枠をつけるのに大工仕事がいる、となっただけで、跳ね上がったりするわけでして。

 

そこが、バスルームの一番怖いところですんね。

それゆえ、中古マンションを回ったとして、バスルームがほぼ新品でつけられていたりすれば、50万円以上の価値はあると考えて間違いないでしょう。

もう一つ手があるとすれば、塗装、になります。

この塗装というのは、車の塗装と同じ、あの塗装です。

特殊な樹脂塗料を用いて、割れやヒビがどうしても入ってしまうバスタブやその床などを補修する方法です。

こちらですと、10~15万円程度で済むことがありますが、元がそれなりのユニットバスでないといけない、というのがあります。

タイルとバスタブ、という構成のものでは、使えないというのが現実ですね。

 

バスルームのリフォームをうまくやる方法

 

バスルームにおけるリフォーム手段は、残念ながら工務店に頼むしかありません。

しかも、各メーカーのユニットバス施工の資格がいるとなりますので、業者は限られてしまいます。それゆえ、言いなり、にならざるを得ないというところもあるかもしれませんね。

で、ぶっちゃけ申し上げます。

バスルーム自体の価格は、最近はオークションなど見てもらうと分かる通り、非常に手頃になりつつあります。

もちろんグレードにもよりますが。

中古マンション、特に築20年もすぎたものになってしまうと、バスルームのサイズが限定されてしまうので、それほど選択肢もなくなってしまう、というのが現状です。

また、バスルームのサイズではなく、出入り口のサイズによっても制限される場合があります。

ドアから入るユニットバスなのか、廊下を通れるのか。洗面所の扉を超えられるのか、などなど。

ということからしても、かなりの制約があることがお判りでしょう。

また、本体をオークションなどで安く手に入れたとして、施工屋さんはどうするか。

オークションで安く売っている業者は、もちろん施工もセットの予定で売っています。要するに、本体を安く売って、施工費で儲ける、というパターンですね。

なので、施工会社を知っている方であれば、それなりに調整が聞くと思いますが、安い本体とセットで施工を頼んだ場合、どれだけ安く上がるかはかなり疑問と言わざるを得ません。

まぁ、結局は儲けが出ないといけないので、しょうがないとえば、しょうがないですけどね。

 

ユニットバス以外になにかあるとすれば

 

ちょっとむつかしい選択になりますが、ユニットバスは使わない。

そうなると、浴室をタイルで固めて防水を完璧に施す。そしてバスタブはどうするかというと、洋風のおしゃれなバスタブを買ってみる、という手段があるのではないかと思います。

こうなると、施工費としては水道、シャワーの工事と、タイルの施工、排水部分の改造になるわけですが。

すみません、この方法は当社ではやったことがないので、検討が付きません。

特に、排水の部分でどういった形になるのかが見えずに、やったことがありません。単純に排水パイプにつないだら、つまりとか発生してしまいそうですし。

この場合の施工費は、どうでしょう。

タイルの下地もならさないといけないわけですし、もしかしたらユニットバスの施工より高くなったりしないかな、という懸念がありますね。

 

結局のところ、ユニットバスはどうしたらよいか

 

一番お勧めなのが、ほかの水回りと同じ業者で一度に施工してもらう、というところでしょうか。

要するに、いろいろな経費を一抱えにさせてしまえば、割引もそれなりに聞くでしょう、というところです。

二人で二日間かかるとして、両日ともまるっとやっていることはありません。

半日でおわったりしても、一日の人件費は必要になります。なので、例えばキッチンの入れ替えも同時にやってしまったりすれば、人が遊ばない、ということもあるかもしれませんし、単発作業だと余計に経費を取られているところが、それなりの期間でセットにしてしまえば、安くなる、というところになります。

ということで、弊社にてキッチンもバスルームを同時にリフォームをしたら、それなりにお安くつくと思いますよw

 

参考までに

ユニットバス 20万円前後でしょか(マンションリフォームタイプで安いもの)

解体費、大工工事 8万円

ごみ処理代金 3万円

ユニットバス組立費 10万円

だいたい40万円くらいでできるものかと思われます。

ただし、こちらも当社の利益がないベースでやってたりしますので、ほんとは50万くらいかな。

それでも、量販店が提示している本体と、純粋な組立工事(解体、破棄、組立条件をそろえる工事は別料金)と同等くらいではないでしょうか。

検討の、よりあり、とおもいますが、いかがでしょうか。

今回はインテリア性の話は全くなしですね。

そりゃ、バスルームは何も余計なものはおけないですからね。

 

では、また。

 

関連記事




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ




PAGE TOP