簡単に言うけど、リフォームとは?

リフォームとはどういうものか

 

中古マンションの購入計画でも少し述べましたが、あなたはリフォームっていうのは何か、ご存知ですか?

リフォームといっても、ほかにも呼び方がいろいろありますよね。

改装、リノベーション、取り換え、(キッチンなど)設備工事、内装工事。。

これらすべて、リフォーム、といっても間違いではないですよね。これは業者においても、その認識はあまり持っていないように思います。

なので、このページでは、各々内容を分けて記載しているわけです。そして、そこにかかる大体のコストはこれくらいなもの、というのもご提示させていただいています。

例えば、フローリング施工、といってもいろいロなタイプがあります。

今あるフローリングに、そのままフローリングを貼る手もあるでしょう。そのはり方だっていろいろです。接着もあれば、ビス止めもあります。施工するフローリングの種類によって違うということになりますよね。

ちなみに、接着は防音フローリングです。こちらのフローリングにはクッション材が付いており、基本的に接着で施工します。

 

また、畳からフローリングにするというのも、フローリング施工になります。上で記述した、フローリングにフローリングを施工するのとは全然施工方法がことなってきます。

例えば、今あるフローリングとの高さをそろえる必要があります。多くの中古マンションでは、和室がおおいのと、LDKにたいして和室がすぐ隣にあり、今風にするにはこの和室をフローリングにする必要があるからです。

カーペットからフローリングにする、という場合もあります。

こちらも、それなりに下地処理が必要になりますし、カーペットがもともとは防音材になっているので、防音施工をする必要があります。

 

このように、フローリングと一言でいっても、いろいろな種類があるわけです。

で、お客様がいざ施工をしようとすると、いくらになるか見当もつきませんよね。

レベル合わせなんてはいったらめちゃくちゃ高くなってしまうんじゃないの?とかありますし。

実際、高くなっちゃいますが、その金額が明示されていれば、選択するかどうかを決められると思います。大体工務店という業種は、この値段を現場調査しての見積もりとして、一定の金額として扱っていないのがほとんどです。

まぁ、物件というものの性質として、同じ状態のものが存在しない、ということからしたら、仕方ない話なのかもしれませんが。

 

パッケージを考えてみる

 

なので当社ではそのあたりが明確になるように。例えば、畳からフローリング施工の場合、6畳ならいくらになるとか、フローリングの上にフローリングの場合、その面積でいくらになるなどを明示して、それ以上でもそれ以下でもない、安心したお見積もりを出せたら、と考えております。

用は、リフォーム内容をより具体的に落とし込んだ形で、パッケージ料金を示す、ということですね。

であれば、お客様で面積を算出してもらって、その金額で工事を行うというものになります。

また、材料費もお客様にとっては大きな負担になることも事実です。なので、弊社にて選択した材料にて行えば格安に行えるよう、こちらも準備させたいただくという形でもよいかと思います。

面積をお教えいただく。施工したい材料(こちらは表面に出てくるもの)をサンプル送付し、決定してもらう。

もしその中から選べなければ、お客様のご実費によって選択してもらう、という形でしょうか。

 

もちろん、当社ではあくまで「カフェに住む?」というのがコンセプトになっておりますので、それなりの材料にて施工する、というのが目標となっております。

ズバリ、無垢材のフローリングですね。

まぁ、そうでない材料でも、良いのですが、それだったらお安い業者に頼んでもらったほうがいいかもしれませんね。

いまでは大手の量販店、もしく販売店がリフォーム事業に乗り出してきてますので、おそらくそういったところに価格では勝てないように思います。

自分でそんなこと言っちゃう?

まぁ、仕方ないですよね。

 

カフェ仕様のリフォームを細分化してみる

 

じゃぁ、カフェのようなリフォームっていうのはなんぞや、というご質問飛んできそうですので、ここで少しだけさわりを。

まず、本HPに記載されている、各パートに内容を読んでいただければとおもいます。おおよその基本的なコンセプトが載せてありますので。

基本は、天然素材、というところですね。

当然人工物はありますが、鉄や真鍮、ガラス、陶磁器(タイル)といったようなもので、プラスチックのような化学製品は極力否定していきます。

ナチュラル派、とでもいったらよいでしょうか。

 

また、小物にもいろいろあります。

タオルハンガーやアングル、そのたもろもろ。こういったものについては、全体の色調が合うようにいろいろなセットプランをご用意いたします。

例えば、全体的に明るい感じの色を使った場合、このタイプがいいよ、とか。

グレーっぽいレンガを使ったトイレにはこの材料を使うといいよ、など、その組み合わせですね。

そういったものを明示して、セットとして売れたらと思います。

 

もちろん、やっすい工務店がやっているような、トイレ取り換え14万円、とか、そういったのとは違うものになるかと思います。

が、それほどごちゃごちゃしても逆に選択ができなくなってしまいますので、当社のセンスにおいて、選択させていただいたプランをご提示します。

 

どうでしょう。こういたリフォームプランは。

これまでは、ご自身でいろいろ選択したり、ショールームに行って決めていたりなど、あったかと思います。

お値段はいつ出てきましたか?

さんざん相談した挙句に、えらい金額を提示されて、やめますわ、となったりしてませんか?

それとも、そんなに高いの!?とおもいつつ、印鑑尾下、なんてことも?

 

そうった不明瞭なことがないように、いろいろプランを決めさせたもらいますね。

関連記事




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ




PAGE TOP