フルリフォーム前提が絶対お得な中古マンション

フルリフォーム必須のマンションがお得なの知ってました?

 

これまで、中古マンションの優位性について述べてきました。

もちろん!中古マンションリフォーム業界が活性化するように扇動した、という面も無きにしも非ずですが、そのあたりの判断は、もうあなたが握っていることでしょう。

で、ただのつまらない最低限の設備を使ったり、壁紙を張り替えるだけのリフォームでしたら、こちらのサイトをご覧になる意味はないわけでして。

格安の大手量販店がおこなうようなリフォーム屋さんにお任せするとします。

何度も言うように、当社では、「カフェで暮らす?」を体現するためのリフォームをする、というのが前提になります。なので、格安のつまらないリフォームに比べると、正直割高です。

そうは言っても、どこかのリノベーション業者のように、リフォームで家の上物が建ってしまいそうな一千万クラスのリフォームではなくて、せいぜいかかったとしても500万円程度のフルリフォームで収まると思ってもらえばいいでしょうか。

 

話を戻して。。

フルリフォームを前提の中古マンションとはどういうことか。

そのままです。水回りから床から全部リフォームしないと、とても住めないような状態のお部屋、ということです。

以前、私が手掛けた物件は、その家主がずいぶん前に息子夫婦と同居したために、もう10年近く放置された状態にあったものがありました。

不思議ですね。家って、住む人がいなくなると恐ろしいくらいに朽ちていきます。

そして、内装をカメラに取ったら、オーブがw

(オーブとは、心霊現象が起こるであろう場所でよく撮影され発光物体ですが、その正体はよくわかりませんw ただ、、塵が光ってるだけのような。。)

とにかく、家具もソファなども放置で破けてますし、雨漏りがしたんでしょう。窓際の壁にカビが生えていたり。。

まず間違いなく、普通の方がみたら、「こんな家買えるかぁ!」っていうものでしたね。

なので、実際私の目に留まるころには、相当なお値段になっていました。もともと、安値のものを検索していましたので。

でも考えてみてください。

内装なんてのは、もともと全部交換するわけですよね。

壁紙を貼りなおすということは、それなりにきれいであっても、カビが生えていたとしても、変わりません。

また、内装の木材までいたんでいるようでしたら、さらにそれを理由に値引き交渉も可能です。

大体雨漏りというのは、箱のコンクリが傷んでいる場合で、中古マンションにはよくあることです。おおよそ20年くらいしたら外装をやり直さないと、となります。

で、こういった費用は個人にはかかりません。共用部分になるので、すべて管理費で賄います。なので、管理組合に漏れてると報告すれば、速攻補修してもらえるとおもってOKです。

 

フルリフォームしなくては住めない!を価格に反映させるには?

 

なので、思い切ってそういったフルリフォーム前提の中古マンションを選ぶ、というのがお安く購入するための一つの方法になります。

こう言っては何ですが、そういった理由をひとつひとつ洗い出すことよって、それを根拠に値引き交渉が可能になります。

特に、売れ残ってどうしようもない物件は、そいういった裏付けのようなものを突き付けられると、仕方ないよなぁ、ってなりますよね。そしてなにより中古マンションでも築25~30年くらいのものになると、そのほとんどが資産処分、おそらく、ご両親が住んでいた家が、諸々の理由によって空き家になった、というものでしょうね。

もともとお金になってないものが、むしろ、税金や管理費を食いつぶしていくものが、いきなり6~700万円になったりするわけですから、痛くないどころか、ラッキーなわけですよね。

そういった売り主の状態も見ながら、アプローチしていくとよいかもしれません。

やみくもに買いたたくのは、ちょっとどうなんだ?っていう気がします。

実際そういうことをしている人たちますけどね。海の向こうからw

不動産(に限らずかもしれませんが)というものは、これほど価格が決まっていない売り物はないように思います。ちょっとした立地の差で値段が簡単に変わってしまいますし、同じ建物で同じ広さなのに何百万も違っているということもよくあります。

しかも、同時期に売っているにもかかわらず。

 

交渉の材料は物件だけではありません!売り主さんの職業は?状況は?

 

そういった意味では、すべてが一品ものであるということです。

宅建法のなかで適正価格をいくらに設定するかといいうのはいくつか方法はあったりします。それはそれで一つの指標としては成立しています。が、あとはその値段に対して買い手が付くかどうか、という問題があります。

そして、その価格を売り主がどう思っているかもあります。

普段サラリーマンの方だとしたら、普段個人であつかうことのない商品であり、金額でもあるため、そのあたりの見極めが非常にむつかしいと思います。売るタイミング、というのもむつかしいでしょう。

即現金がほしい、早い換金が必要な場合、というのもあります。

よくあるのが、戸建てを買う場合の頭金用のマンション売りというものですね。そういった場合、不動産屋がもっている顧客情報や、これまでの相場からこれくらの値段であれば、ひと月以内で売れますよ、という価格に設定する場合もあります。

ただ、こういった物件は狙った立地でどれだけ出るのか、というのは、なかなかむつかしい面もありますが、時間があれば、マークしておくのもいいかもしれませんし、不動産屋と売買契約を締結していれば、そういった情報はすぐに流れてくるものと思います。

 

よい物件に出会えると、いいですね。

 

 

関連記事




カテゴリー

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.06.7

    お問い合わせ




PAGE TOP